コンドロイチンの基礎知識


コンドロイチンの人気商品


グルコサミンの人気商品


企業について


「高齢化社会」と言われる現代、膝や腰に痛みを抱える方が増えているようです。 その関節痛への効果が注目されている成分が「コンドロイチン」です。 このサイトでは「コンドロイチン」の効果や、その他の成分との相乗効果など、関節痛やその治療に関する情報などを纏めています。 現在たくさん発売されているコンドロイチンサプリメントは、どのような成分が配合され、どのような効果があるのかについても詳しく紹介しています。皆様の参考になれば幸いです。


ランキング1位
美健知箋 活グルコサミン&コンドロイチン
美健知箋 活グルコサミン&コンドロイチン

美健知箋活グルコサミン&コンドロイチンは、N-アセチルグルコサミンを使用しており、軟骨・保湿成分として「身に付く」率が通常のグルコサミンの3倍になります。これまでの関節サプリでは満足頂けなかった方にも、軟骨成分と佐藤製薬グループ独自の成分の組み合わせでスムーズな動きをサポートします。

価格(円) 容量 送料 評価
2,000円 約一ヶ月分 無料 評価5

ランキング2位
マルハニチロダイレクト
マルハニチロダイレクト

サミンリッチは、国産サメ軟骨抽出物にグルコサミンを配合したサプリメントです。材料には、三陸で水揚げされたサメの軟骨を使用したコンドロイチンを配合しています。 「コンドロイチン&グルコサミンリッチ」に含まれるコンドロイチン硫酸とグルコサミンは、健康に不可欠なムコ多糖類・アミノ酸です。もともと体を構成している成分ですが、年齢と共に減少しますので、健康補助食品で摂取することが大切です。

価格(円) 容量 送料 評価
5,250円 約一ヶ月分 有料 評価5

ランキング3位
コラーゲン&ヒアルロン酸セット
コラーゲン&ヒアルロン酸セット

コラーゲン&ヒアルロン酸セットは、みずみずしさとハリのある美しさを目指す方におすすめのサプリメントです。 コラーゲンやサメ軟骨抽出物(コンドロイチン硫酸含有)の他に、美容に大切なヒアルロン酸やセラミド糖脂質、エラスチンなども配合しており、うるおいに必要な成分をしっかり補えるようになっています。

価格(円) 容量 送料 評価
2,173円 約一ヶ月分 無料 評価4

ランキング4位
ムココラーゲンペプチドC
ムココラーゲンペプチドC

ムココラーゲンペプチドCは美容に有効な成分が20種類も含まれており、販売本数が86万本を突破した人気商品です。年齢とともにどんどん減少していくコラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸を配合していますので、特に40代の女性の方々にオススメです。 また、含まれているコラーゲンには世界最大規模のコラーゲンメーカーである、ドイツのGELITA社で作られたコラーゲンペプチドを使用しています。

価格(円) 容量 送料 評価
500円 約一ヶ月分 無料 評価4

ランキング5位
ケフランケフィア+グルコサミン&コンドロイチン
ケフランケフィア+グルコサミン&コンドロイチン

ケフランケフィア+グルコサミン&コンドロイチンは、美味しく飲めるドリンクタイプのサプリメントです。元気に歩くことをケアするサプリメントは錠剤がほとんどですが、錠剤が苦手な方には毎日飲み続けるのが苦痛です。そこで開発されたのが「ケフィア+グルコサミン&コンドロイチン」で、飲み方は1包を5~8倍に水で薄めるだけと非常に簡単です。 また、飽きのこないヨーグルト風味なので、毎日おいしく続けられます。

価格(円) 容量 送料 評価
3,990円 約一ヶ月分 525円 評価4

コンドロイチンの基礎知識

コンドロイチンとは?

ムコ多糖類の一種で動植物の体内に存在します。グルコサミンと同様に関節に効果のある栄養素で、体内でたんぱく質と結合し、軟骨や皮膚などに多く存在しています。我々人間の体内にも存在をしているのですが、残念なことに年齢とともに減少をしていってしまいます。成分を多く含む食品にふかひれやスッポン、山芋、オクラ、納豆などのネバネバ食品などがありますが、減少した分を補えるほどの量はやはり食物からではとても難しい為、サプリメントなどを利用して補うことをオススメします。

コンドロイチンを多く含む食材

コンドロイチンは動物性の食物と植物性の食物の両方に含まれています。 ではどんな食材多く含まれているのでしょうか。 まず、動物性のものにはサメの軟骨やスッポン、ツバメの巣などがあります。 植物性のものには納豆、オクラ、海藻、山芋、なめこなどネバネバしたものにコンドロイチンは含まれています。 1日1回はコンドロイチンの含まれた食材を使ったものを食べる習慣をつけるといいですね。

コンドロイチンの効果

腰痛や関節痛の痛みを緩和することはもう有名ですがこれだけが効果ではありません。 コンドロイチンには驚きの7つの効果があるのです。
1.関節痛の緩和
軟骨の水分と栄養分を届けて、丈夫に保つように働きかけます。また、軟骨の材料にもなるので軟骨の維持や再生には欠かせません。
2.血管を若く丈夫にする
血液中のコレステロールの増加を抑え血管壁にコレステロールが沈着することを防ぎ、血管の若さを保つことができます。
3.骨を丈夫に保つ
骨はコラーゲンにカルシウムが沈着してできます。その時に糊の役割をして骨を丈夫に作ります。詳細

コンドロイチンの副作用

関節や腰の痛みに効果のある成分として知られていますがいちばん気になるのが副作用ですね。医薬品やサプリメントとして使用されてますがその関節痛や関節炎などの効果は臨床実験などでも実証済みです。このことからもわかるようにコンドロイチンによる副作用の報告はありません。しかし、コンドロイチンそのものには副作用がありませんが、サプリメントにする過程でその成分に反応をする人もいるようです。胸やけや下痢、胃腸などに症状が出た時には直ちに服用を中止して、症状ががひどい時には専門の医療機関で診療を受けて下さい。また、そのような症状が出てしまった人でもサプリメントを変えたら大丈夫という人もいますので自分に合うものが見つかるまで色々と試してみた方かいいかも知れません。

1日の摂取量と方法

1日あたりの摂取量は800mg〜1,500mgといわれています。短期間での効果はみられないので、継続して長期にわたって使用することで効果が期待できます。 体重によっても1日の摂取量が変わってきます。 54kgの人のコンドロイチンの1日当たりの摂取量は800mgになります。 55kg〜90kgの人は1,200mg、90kgの人は1,500mgと体重によって異なりますので自分の体重に合った摂取量を摂るように心掛けて下さい。

コンドロイチンとグルコサミン

コンドロイチンは加齢とともに減少し、それにより関節痛や腰痛などの痛みの原因となってしまいます。 体内で生成できないため、手軽に摂取できるサプリメントが人気になっています。 特にコンドロイチンと相性のいいグルコサミンと一緒に摂ることで効果を高める効果があります。 近頃はコンドロイチンとグルコサミンが一緒になったサプリメントもよく見かけます。 これはコンドロイチンが体の中で有効に働くためのサポートをグルコサミンがしてくれるからです。なので一緒に摂ることで相乗効果が期待されということになります。